2006年01月19日

美肌水 尿素の化粧水(原液とアレンジ)でツルツル肌

ボディにも顔にも使える美肌水として有名ですが
基本の原液とアレンジのレシピ
効果的な使い方をご紹介します

ヒジ・ヒザ・カカトの角質のケアにも
重宝しますよ

基本のレシピに必要なのは
尿素・精製水・グリセリン
そして保存用の容器のみです


【美肌水原液の作り方 その1基本】

1.清潔な容器(ペットボトルなど)を準備
2.尿素50gと精製水200mlをよく混ぜる
3.グリセリン5ml(小さじ1)を足しさらに混ぜる


【美肌水原液の作り方 その2】

私がいつも作っている方法です
(下に画像有り)

1.精製水 ワンタッチ式(※1)500ml入りのうち100mlは使わない
のキャップをあける
2.尿素1パック(50g)を1に入れよく振り混ぜる
3.グリセリン5ml(小さじ1)を足しさらに混ぜる

 基本の美肌水原液の1/2の濃度です
 これをさらに5倍に薄めた状態で(つまり原液の1/10)
 容器に小分けして使っています


フレッシュなまま2回分楽しめる小分け包装
グリセリン 5cc*3パック
尿素 50g*3パック
トーヤク 手作り美肌水セット
尿素50g・グリセリン5cc

(※1)尿素を入れると水位があがりあふれます
また振り混ぜにくいので
最低でも100mlは別容器に
うつすなどして予め除いておきます


【使い方】

かならず原液を薄めて使用します

・顔には10倍〜
・身体には5倍〜

まずは身体で試しましょう
心配な方は肌の様子を見ながら
さらに薄い濃度からはじめてください

お風呂でよく温まったお肌に使うと
さらに効果が期待できます
足浴のように部分的にあたためてもOK

尿素は入浴剤にもなります
一回に10~20gくらい入れて混ぜ溶かします

【アレンジ】

1.香り付け
精製水を芳香蒸留水に変える
エッセンシャルオイルを加える

2.手持ちの化粧水に加える

3.キサンタンガムでジェル状にする
(原液ではなく薄めた)美肌水にごく少量加えよく混ぜる
お好みのかたさに調節できます
※濃度が濃すぎないようご注意ください


【使用した感想】

数年前に雑誌で目にしてから使っています
現在は毎日ではないのですが
お風呂上がりのボディケアにしています
本当に効果は抜群です

↑上で紹介したジェル状ですが
かかとの角質がボロっととれて
つるつるのお肌が顔を出すほどの
効果で驚きました!



【ご使用の前に】

尿素には角質を剥がす作用と
保湿効果が期待できます

ただし他のスキンケアと同様
全ての方に合うわけではありませんので
肌に合わない時は使用を中止してください

アレンジについてはあくまでも私の肌に合わせています
最初は美肌水として使用された方がよいと思います

防腐剤が入っていないので冷蔵庫で保管しましょう
(2週間で使い切るのが目安)

保存の状態によっては2週間以内でも
"アンモニア臭"がしたり濁りがでてくる場合があります
絶対に使ってはいけません


手作りでナチュラルケアをはじめよう!
手作りのスキンケアの注意点

06-01-22_21-00.jpg

←  ・精製水 ワンタッチ式
   ・尿素 50g*3パック
   ・グリセリン
   ・無水エタノール(無水アルコール) (容器の消毒用)


購入店
ケンコーコム
グリセリンの取り扱いもありますが
この画像にうつっている分は薬局で購入しました

その他のお気に入りショップ









この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。