2005年01月30日

快適石けんシャンプーへの道【4】手作りリンスレシピ

快適石けんシャンプーへの道【1】石けんシャンプー苦難の時期
快適石けんシャンプーへの道【2】石けんシャンプーの基本編
快適石けんシャンプーへの道【3】石けんタイプ別コツ&お悩み解決編

石けんシャンプーにおいての"リンス"とは
石けんでアルカリにかたむいた髪を中和する役目があります
髪のダメージがない・子供・短髪など必ずしもリンスが必要な訳ではありません
石けんシャンプーをはじめたばかりでうまくいかない...
という方にはリンスであっさり解決する事もあります
石けんシャンプーに合成シャンプー用のリンスを使うことは避けましょう

酢orクエン酸だけのごく簡単な基本のリンスはすでにご説明しました
香りはいらない派の方は基本のリンスで充分です
今回は私が普段使っているお手軽リンスのレシピをご紹介します
お好きな香りの精油を加えたり、グリセリンをプラスするだけで簡単にアレンジができます
グリセリンやオイル類はぱさつきを防ぐ保湿のためです「
必ず必要な訳ではないので髪のコンディションに合わせてください
香りも個人の好みが大きいので、お気に入りが見つかるまではお試し感覚で少量ずつ作るといいようです

【リンス作りの前に】
煮沸消毒した清潔なビン(密閉できるタイプ)を用意しましょう
この中で材料を混ぜ合わせそのまま保存に使います
使い方はどれも共通です
 洗面器のお湯におちょこ一杯ほど溶かし髪全体にいきわたらせる→すすぐ
使用量はお好みで増減してください


【ハーブビネガーリンス】
+レシピ+
 ホワイトビネガー---200ml
 ドライハーブ---20g
+作り方+
 ビンに材料を入れる
 10日前後冷暗場所で保存する
 保存の間は一日一回ビンを軽く振る
 コーヒーフィルターか目の細かい布で濾す
+メモ+
 ワインビネガー、アップルビネガーでも代用できます
 ドライハーブはお好みで
  私はカモミールがお気に入りです


【ハチミツレモンのリンス】
+レシピ+
 レモン果汁---1個分(布などで濾す)
 はちみつ---小さじ1
 オリーブオイル---小さじ1
+作り方+
 材料をよく混ぜる
+メモ+ 
 オリーブオイルの香りが苦手な場合グリセリンでもOK
 ほんのりと香りを持続させたい時には精油(レモン)をプラスしましょう


【ラベンダーのしっとりリンス】
+レシピ+
 精製水---200ml
 クエン酸---20g
 グリセリン---5ml
 精油(ラベンダー)---0.5ml
+作り方+
 精製水にクエン酸を加えよく混ぜ完全に溶かす
 精油を加え混ぜる

【スッキリ!ハッカリンス】
+レシピ+
 ハッカ油---5〜10滴
 ホワイトビネガー---200ml
 グリセリン---小さじ1
+作り方+
 材料をよく混ぜる
+メモ+
 ハッカ油の量が多いとピリピリ感じる場合もあります
 清涼感心地よく、臭いが気になる時・汗をかきやすい夏向きです



材料は主にケンコーコムで購入しています
グリセリン 5cc*3パック
グリセリン 50ml
アロマオイル・精油
日本薬局方/精製水
健栄製薬 クエン酸
日本薬局方/ハッカ油
サイダービネガー
 ※myショップリストでもご紹介しています





この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/1747114

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。