2005年03月27日

節水&お手軽洗濯法 アルカリで洗濯

石けん洗濯をオススメしていますが
洗濯の都度必ずしも石けんを使わなくてはならない訳ではありません

石けん洗濯より簡単!
お手軽でしかも大幅な節水ができる洗濯法をご紹介します

汚れの度合いが比較的軽い時
洗濯頻度が高いご家庭など
また合成洗剤から石けん洗濯へ切り替えた当初は
"石けんカス"が残らないこのアルカリ洗濯
の方がうまくいく事もあります

ぜひお試し下さい


以下1〜3のいずれかのアルカリ剤を使用します
 −数字が大きいほど洗浄力が高い−

<>内−化学名
1.重曹
<炭酸水素ナトリウム>
ごく弱いアルカリ性

2.セスキ炭酸ソーダ
<セスキ炭酸ナトリウム>
弱いアルカリ性

3.炭酸ソーダ(炭酸塩)
<炭酸ナトリウム>
アルカリ性


洗濯方法
1.洗濯槽に洗濯物+水を入れアルカリ剤を振りかけます

使用量の目安(水50Lの場合)
重曹−1つかみ〜(汚れに応じて増やす)
セスキ炭酸ソーダ−約60g
炭酸ソーダ(炭酸塩)−約20g
 
石けんと違い目分量でも構いませんが
多すぎないようにご注意を!
水に完全に溶けた状態で触れると肌がヌルっとすればよいです
(ヌルつきは酢で洗うととれます)


2.注水すすぎを1度

3.仕上げに酢やクエン酸を入れる

アルカリ剤での洗濯も石けん洗濯のコツと同じ要領(泡立ては除く)
で気持ちよく洗い上がります



個人的にはセスキ炭酸ソーダ(=アルカリウォッシュ
が一番使いやすいと思います
重曹は軽い汚れには全く問題ないですし
消臭効果も期待できます最初は重曹洗濯からはじめたのですが
使用量がつい多くなりがちで。。。
洗浄力の点でアルカリウォッシュに切り替えました 

炭酸ソーダ(炭酸塩)は洗濯物に限らず
台所のひどい油汚れにも力を発揮しますが
お肌の弱い方は手袋をするなど注意が必要です
部分的な汚れは手洗いをしたいので私には不向きです
(粉石けんと併用した場合の水溶液は弱アルカリ)

注意事項
ふき掃除や洗濯物の手洗いなどで長時間に渡って利用する場合は手袋をオススメします
(重曹はまず問題ないと思います)
使用後には酢で洗いながしましょう
いずれも使用濃度が濃すぎないようご注意ください
直接触れると荒れなどのトラブルの原因になりかねませんので極力触れないようにしましょう


<洗濯実践例>石けん洗濯・アルカリ洗濯・併用


家庭用ソーダ アルカリウォッシュ500g 
家庭用ソーダ アルカリウォッシュ
赤星たみこさんもおすすめ パッケージは赤星たみこさんの"アルカリウォッシュでラクチン生活"のイラストです

シリンゴル 重曹 1000g シリンゴル 重曹


クエン酸 500g クエン酸



この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/2691304


合成洗剤
Excerpt: 合成洗剤この項目は洗濯用の洗剤だけを扱っているようですが、合成洗剤といえば食器・食品洗い用も住宅用もあります(洗剤に入っています)。中味の判りやすい項目名を変えた方がいいんではないですか?.wikil..
Weblog: 日用品etcの基礎用語・・・知っておきたい編
Tracked: 2005-09-02 09:05
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。