2006年05月02日

洗剤不要!ランドリークリーンリング使用感想

"掃除の達人" エッセイスト・女優、松居 一代さんの
著書松居一代の超(スーパー)おそうじ術
触発されて「ランドリークリーンリング」
(略してLCRだそうです)を購入しました

洗剤・水道代節約 しかも半永久的に使える!
なんて魅力的なキャッチフレーズ♪

果たして効果のほどは!?
石けん洗濯・アルカリ洗濯との併用は!?

以下はLCR(正規品)を購入間もない頃の個人的な感想です
愛用者の方々のご意見を伺うと、条件の違いによってはLCRの効果には大きな差があるようです

(洗濯関連の記事でも説明していますが)言うまでもなく水のみで洗濯してもある程度の汚れは落とせるものです
洗剤・石けんを使わなくてよい(もしくは減らせる)というのがLCRの良い点だと思います

***************

ランドリーリングのみで洗濯
 
 ・予洗いつけおきなど下準備なし
 ・洗浄8分→脱水→注水すすぎ→脱水→外干し
 ・タオル、シーツ・食べこぼしジミの衣服・旦那の靴下


洗濯槽を開けたまましばらく観察
1〜2分撹拌した時点で
すでにかなり水が濁っている

すすぎは注水1回で済んだ

【結果】
タオル類は全く問題なし
ニオイも気にならずふんわりと仕上がる
子供の食べこぼしは薄くなったが完全には消えなかった

***************
※補足

管理人宅は洗濯容量8Kgに対し
ランドリークリーンリングを一つしか購入しておりません
従ってこの製品の威力が100%発揮されていない可能性があります

(⇒その後容量10キロに買い換えLCR2個使用)

−以下商品説明分より引用−
家庭用洗濯機(標準洗濯容量 4.5〜7Kg)では
リング1つで ご利用いただけます。

***************
【感想】
管理人宅のこれまでの洗濯実践例
との比較で感想を述べますと
やはり<ランドリーリングのみ>の方が
洗浄力が少しは劣るようです

とはいっても我が家の洗濯物は
かなり汚れがヒドイ状態なので
こう感じたのかもしれませんが
目に見える明らかな濃いシミまでは落とせないようです

タオルやシーツ類・ニオイに
関しては効果について全く問題がありません
予想外にふんわりとしたので驚きました

汚したらすぐに部分洗いしておく
数回に一度は石けん洗濯をする
家庭用ソーダ(アルカリウォッシュ)と併用する

など各家庭の洗濯物に応じた
工夫をすると良いと思います

何よりもすすぎが一度で済むのは
水道代の節約にもなりとても助かりますよね

石けん洗濯・アルカリ洗濯に慣れている方にとって
洗い上がりはほとんど抵抗ないでしょう

05-08-27_16-14.jpg

激安品がないかなと探し回った結果シルクネットさんで購入しました

アメリカで大ヒット!400万個の実績洗剤不要の洗濯リングランドリー・クリーンリング定価 9800円が7800円【送料無料】
送料込みで考えると私が買った時点では最安値でした(2005年の購入時点で)

ランドリークリーンリングをさがす




【補足】
除菌作用がないので気になったのが
室内干し時の生乾きのニオイ
まだ室内干しをしていないので
ニオイが発生してしまうのかは分からないのですが
石けん洗濯のコツ
でもご紹介したように
脱水から乾燥までの時間短縮の工夫
そして、洗濯用 酸素系漂白剤との併用で避けられると思います

また洗濯時やすすぎの水がキレイになってから
精油とホワイトビネガー(酢)を入れてもいいでしょう
(ユーカリ・ティートリー・ラベンダーや柑橘系がおすすめです)

*********************

ランドリーリング愛好会
(mixi登録者のみ)
LCR愛用者の情報交換コミュニティです

【主婦達の本音座談会 LCR利用者編@】
UPしました

*********************

【お・ま・け】
一般的な合成洗剤での洗濯
に慣れている方にとってはどうなんでしょう
ランドリーリングでの洗い上がりは
あくまでも本来の白さであって

「まるで新品のような輝く白さ」
  =有色染料による不自然な白さ(※1)

にはなりません(念のため)



(※1)
合成洗剤(一般的な洗濯洗剤)には洗濯物の洗い上がりを白く見せるための蛍光増白剤が添加されています
蛍光増白剤は食品衛生法において"食品に触れる物"・また乳幼児製品・生理用品・日本薬局方(ガーゼ、脱脂綿)にも使用禁止(もしくは極力使用しないこと)となっています
皮膚刺激を感じたりアレルギー反応を起こす原因の一つともいわれ、環境への影響も懸念されています
にも関わらず洗濯洗剤には洗濯物の洗い上がりを白く見せる目的のために添加されているのです





もっと見る⇒エコ家事グッズ
この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/5758710

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。