2005年01月30日

快適石けんシャンプーへの道【4】手作りリンスレシピ

快適石けんシャンプーへの道【1】石けんシャンプー苦難の時期
快適石けんシャンプーへの道【2】石けんシャンプーの基本編
快適石けんシャンプーへの道【3】石けんタイプ別コツ&お悩み解決編

石けんシャンプーにおいての"リンス"とは
石けんでアルカリにかたむいた髪を中和する役目があります
髪のダメージがない・子供・短髪など必ずしもリンスが必要な訳ではありません
石けんシャンプーをはじめたばかりでうまくいかない...
という方にはリンスであっさり解決する事もあります
石けんシャンプーに合成シャンプー用のリンスを使うことは避けましょう

酢orクエン酸だけのごく簡単な基本のリンスはすでにご説明しました
香りはいらない派の方は基本のリンスで充分です
今回は私が普段使っているお手軽リンスのレシピをご紹介します
お好きな香りの精油を加えたり、グリセリンをプラスするだけで簡単にアレンジができます
グリセリンやオイル類はぱさつきを防ぐ保湿のためです「
必ず必要な訳ではないので髪のコンディションに合わせてください
香りも個人の好みが大きいので、お気に入りが見つかるまではお試し感覚で少量ずつ作るといいようです

続きを読む

2005年01月14日

快適石けんシャンプーへの道【3】石けんタイプ別コツ&お悩み解決編

快適石けんシャンプーへの道【1】石けんシャンプー苦難の時期
快適石けんシャンプーへの道【2】石けんシャンプーの基本編


<石けんシャンプーのお悩み>
@泡がたたない(すぐ泡が消える)
Aギシギシときしむ
Bかゆい
Cベタベタ感
Dヒリヒリ感
Eフケ

合成洗剤(一般的に売られているシャンプー)をやめ石けんシャンプーに切り替えた当初は、上記のようないくつかのトラブルがあります
合成洗剤やリンスに含まれる成分で表面上はきれいにコートされていて気付かなかった、髪本来の痛みも原因の一つです
特にパーマやカラーリングをしている髪は100%傷んでいますので、時にごわつきもあります
石けんの弱アルカリ性の作用によって洗っている最中ギシギシとした感触が気になる方もいるでしょう
慣れるまでに時間がかかる場合もありますが、純石けんでのシャンプーの回数を重ねる事で解消される事がほどんどです
以下のポイントをおさえて快適石けんシャンプーに近づきましょう

続きを読む

2005年01月06日

快適石けんシャンプーへの道【2】石けんシャンプーの基本編

快適石けんシャンプーへの道【1】石けんシャンプー苦難の時期


"石けんシャンプー"とパッケージ表示にあっても実は化学物質を多く含む商品も多くあり"石けんシャンプー"への誤解をまねく原因の一つでもあります
一般的な合成シャンプーからの切り替え時は、保湿剤など含む石けんの方がきしまず洗いやすいという事実もあるかと思います
あくまでも私自身の経験からでシャンプーに関してはですが、"純石けん"での洗髪→保湿はリンスでが"石けんシャンプー入門"としてはベストだと思います
石けん仲間の中でも"純石けん"に切り替えると「うまくいった♪」という声をききます
以上の理由で「石けんの良さをより実感していただきたい」という個人的な考えから、ここでは"純石けん"での洗髪を前提としています(参照)石けん選びのポイント

続きを読む

2005年01月05日

快適石けんシャンプーへの道【1】石けんシャンプー苦難の時期

私の石けんライフのスタート時は失敗の連続でした
一番慣れるのに時間がかかったのは"石けんシャンプー"です

高価なシャンプー・トリートメント
仕事がら発売前からお試しする必要があったので、ドレッサーに洗面台にお風呂に常に数10本は並んでいました

それらを駆使しては毎日うるるんな巻き髪ヘアーで出勤する事がもはや義務だった私には
石けんでシャンプーするなんて「あり得ない!」感覚でした
続きを読む
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。